皮脂不足を感じるようならスキンケアも工夫を

私たちには、天然の肌バリア機能が備わっています。
それが皮脂ですね。
表皮細胞の外側を薄い油の膜で覆っているのと同じで、肌の乾燥や外的刺激から守ってくれます。
洗顔で洗いすぎたり、あぶらとり紙で吸収しすぎると、皮脂膜が失われていきますので、肌が無防備になります。
皮脂が守ってくれないことで、様々な肌トラブルが現れてきます。

乾燥肌の方は、基本的に皮脂分泌が少なくなっていますので、バリア機能が働きにくいです。
油の膜がないと言うことは、肌にある水分が蒸発してしまいます。
そうすると肌の深層部から、乾燥した肌が作られていくのです。
一般的にドライスキンと言われている状態も、皮脂膜がないことで肌の水分が蒸発してしまっています。

また、敏感肌の方では、やはり皮脂によるバリア機能が少なくなっているので、外的刺激に敏感です。
紫外線や雑菌の影響を受けて、肌が過剰な反応をするので、かぶれや赤みが出やすいでしょう。

共通する点として皮脂が不十分だと言うことがありますので、乾燥性敏感肌という悩みを持つ方も多くなってきました。
両方ともバランス良く解決するには、肌の表面をカバーできるスキンケアを使いましょう。
「化粧水で保湿、美容液で栄養を与え、乳液の油分でフタをする」
この3ステップがなくては、肌を守っていくのが難しくなります。

ちなみに脂性肌で悩んでいる方は、乾燥肌も併せ持っている可能性があります。
皮脂が多いと思って、洗い流したりあぶらとり紙で取り除いていると思います。
そうすると、肌の表面から皮脂が失われます。
脳が「足りない。肌を守ろう」と判断して、更に皮脂分泌を始めます。
この悪循環があるので、実は乾燥しているのに脂性肌だと思っている事が多いですよ。

外側からの刺激として、アレルゲンがあります。
実は肌バリアが、アレルギーの原因も跳ね返すので、皮脂が減少するとアトピー性皮膚炎などの問題が出やすくなります。
肌の美容成分や水分は蒸発させない、外側から肌に良くないものを進入させない、と言う2つの機能を果たすために、最低限の皮脂が肌の表面をカバーしていなくてはいけないのです。

ご自分で、皮脂不足を感じるようならスキンケアも工夫をして下さい。
むき出しになった角質層も乱れた状態になり、スキンケアの浸透が難しいです。
そこで、化粧水を付ける時は少し多めの量にして、コットンでパッティングをするのではなく、ご自分の手の平の体温で押し込む様にします。
ハンドプレストいう方法で、温まることで奥まで染みこませる効果があります。
すぐに美溶液と乳液を付けると、浸透した保湿成分が蒸発することも防げますよ。


 

line