基本から考える肌の3層構造

スキンケアの基礎知識として、肌の構造を知っておくことも大切です。
とても薄い肌ですが、表皮・真皮・皮下組織の三層構造になっています。
肌は新陳代謝で入れ替わりますので、表皮の角質が剥がれ落ちることで生まれ変わっていきます。
細胞が生まれ変わりますので、くすみや肌トラブルのない肌が保てる様になっています。

しかし、年齢と共に肌に必要な美容成分が体の中で生成されにくくなります。
コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなども足りない状態になるのです。
食べて補うか、スキンケアで肌に浸透させないと肌の老化も深刻になります。
美容記事でも、安全性の高い美容成分が配合されているスキンケア化粧品をオススメするのはこの様な理由からですね。

コラーゲンの生成をサポートするビタミンC誘導体には美白効果がありますし、美容成分ヒアルロン酸には肌の弾力を保つ効果があります。
プラセンタも注目の美容成分ですが、日本国内では牛や羊由来は使用できない制約があります。
動物性プラセンタなら馬か豚、植物成分のプラセンタなら胚芽を原材料として使用する事が出来ます。
肌に良いものでも厳選して使用しなくてはいけませんね。

肌の弾力を保つコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンは、三層構造の真皮に多く含まれています。
たるみやシワ、毛穴が気になる方は、この3種類の美容成分を補っていくと改善しやすくなります。
また、乾燥やシミが気になる場合は、表皮での問題があるので、セラミドやNMFと言う天然保湿因子を補うのが理想的です。
ご自分で気になる年齢肌のトラブルに応じた成分を利用しないと十分な効果が得られなくなるでしょう。

総合的にアンチエイジングをするのなら、抗酸化作用の高いものを使用し、活性酸素を除去するアイテム必要があります。
スキンケアで全て解決しようとしても、角質が邪魔になって浸透しないケースが多いので、ピーリングも適度にしながら、保湿することに重点を置きます。
美肌成分や美白化粧品も、かなり多く開発されましたので、サンプルなども利用しながら最適なものを見つけましょう。
相性の悪いスキンケア商品は、いくら根気強く使っても、若々しい美肌を取り戻すことが出来ません。

スキンケアや化粧品の技術は日々進歩していて、ビタミンCからビタミンC誘導体、そして新ビタミンC誘導体と、その効果を高めています。
肌の構造を理解して、今使える最新の美肌ケアには、どの様なものがあるかと言う情報収集を小まめにしておくと、費用や時間を無駄にすることがありません。

 

line